スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワオキツネザル 赤ちゃん誕生 上野動物園の新アイドルに(毎日新聞)

 上野動物園(東京)でワオキツネザルの赤ちゃんが誕生し、愛くるしい姿で来園者を和ませている。

【関連記事】こちらは愛らしくない?箕面のサル メロンパン攻防は続く

 赤ちゃんは3月12日生まれ。自然環境に近い状態で育てるため、生まれてすぐ群れの中に親子を放した。このため性別は分からず、まだ名前も付いていない。

 現在体長約20センチで、母親の「フウ」にいつもしがみつき、甘えた様子。たまに離れてもすぐにフウの背中に飛んで戻る。3、4カ月で母親の背中を卒業するという。【三浦博之】

【関連ニュース】
【写真特集】「会いに来て、プピ♪」 人工保育のオランウータン公開中 神戸・王子動物園
【写真特集】人間と共生する猫たち 十猫十色で悠々自適
【写真特集】壮絶! ウマヅラハギに襲われるエチゼンクラゲ
【写真特集】寒さをしのぐために団子になる猿たち…可愛いショット満載
【関連記事】ボスに君臨11年4カ月、「ゾロ」は温厚、仲間思い

第1類の取扱品目数、増やした薬局が32%(医療介護CBニュース)
戦国武将に学ぶ「人間力」 7月、大和ハウスでフォーラム(産経新聞)
<訃報>河野高明さん70歳=プロゴルファー(毎日新聞)
「東アジア共同体」で協力=首相とシンガポール上級相(時事通信)
JR福知山線脱線事故 前社長認否まで進まず 第2回公判前整理手続き(産経新聞)

<山崎飛行士>優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】スペースシャトル「ディスカバリー」で米東部時間20日午前(日本時間20日夜)、無事帰還した宇宙飛行士の山崎直子さん(39)が同日、夫大地(たいち)さん(37)、長女優希ちゃん(7)と15日ぶりに再会した。

 大地さんらは、ケネディ宇宙センターの滑走路で着陸を見届けた後、家族専用の宿泊施設に待機。山崎さんが2人の待つ施設に到着すると、優希ちゃんは待ちきれず部屋から飛び出し、エレベーターホールで山崎さんに抱きついたという。

 大地さんは自身の簡易ブログ「ツイッター」で「さっきまでは帰還の勢いで元気そうだったが、帰還が1日延びたのが結構大変だったみたい。今日は一日中ゆっくりリラックスさせてあげようと思います」といたわった。

 山崎さんら乗組員は21日、訓練の拠点があるテキサス州ヒューストンに移動。地元で開かれる帰還歓迎式典に参加する。

【関連ニュース】
【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡
【写真特集】映画みたい? NASA ミッションポスター
【写真特集】山崎さんのプロフィールや写真、日本の宇宙飛行士の写真を掲載
<関連記事>山崎直子宇宙飛行士:無事帰還 「美しい地球の自然、また感じた」

イラストレーターの阿部真理子さん死去(時事通信)
<雑記帳>まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願(毎日新聞)
<首長新党>18日旗揚げ 杉並区長が代表に(毎日新聞)
火山噴火 全日空、日航が一部便を欠航(毎日新聞)
<解雇訴訟>元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)

舛添・東国原氏が会談、政局対応も意見交換?(読売新聞)

 自民党の舛添要一・前厚生労働相は15日、国会内で東国原英夫宮崎県知事と会談し、地方分権改革推進のため協力する考えで一致した。

 今後の政局対応についても意見交換したとみられる。

 会談は、東国原氏が申し入れた。舛添氏は自民党の現状について、「なかなか改革、解党的な出直しが進んでいない」との認識を表明。「今、新たな政策集を作っている。地方については頼みます」と東国原氏の協力を要請し、同氏も了承した。

 会談後、東国原氏は記者団に「権限や財源の移譲という政策で打って出るなら応援していく」と述べ、舛添氏との連携に前向きな考えを示した。舛添氏は「いい政策の議論ができた」とだけ語った。

「地球は想像以上に美しい」 山崎さんらが宇宙会見(産経新聞)
<シカに洋弓矢>「食パンでおびき寄せた」稲垣容疑者(毎日新聞)
赤いシャボン玉を公開=長女の夢、山崎さんが宇宙で(時事通信)
伝統工芸を上海万博から発信 岩手をアピール「巨大南部鉄瓶」(産経新聞)
<チューリップ>春の香、満喫 三重・桑名(毎日新聞)

日本海で珍しいヒョウモンダコの撮影に成功(産経新聞)

 兵庫県の竹野海岸(豊岡市竹野町)で、太平洋側に生息するヒョウモンダコをダイバーが撮影に成功した。日本海側での確認は非常に珍しいという。

 ヒョウモンダコは、日本からオーストラリアにかけての熱帯・亜熱帯域のサンゴ礁などに生息。体長は約10センチ、周囲の岩や海草などと同じ色に体色を変化させることができ、猛毒を持つ危険なタコとして知られる。

 姫路市のダイビングスクールココモが今月4日、竹野海岸の猫崎半島西側でスクールの講習中に、水深7メートルの海底でヒョウモンダコを発見、撮影した。代表の唐土誠さんは「南紀の海などではよく見るが、日本海側では初めて」という。

 神戸市立須磨海浜水族園の岩村文雄学芸員は「太平洋側では夏から秋にかけて見つかることが多く、この時期の発見は日本海側で冬を越した珍しい例といえる」としている。

【関連記事】
放鳥トキが佐渡から福井へ 300キロ飛来
メコン川で絶滅危機のイルカを撮影 日本の研究者
WWFが野生のスマトラトラ母子の撮影に成功
白いヒグマ、国後島で撮影 日本側訪問団が初成功
シーラカンス稚魚の撮影に成功 世界初、福島の水族館
外国人地方参政権問題に一石

超小型衛星で星の精密地図=日本初、国立天文台や東大など-来年夏、海外で打ち上げ(時事通信)
小児臓器移植に向け省令・GL作成へ―臓器移植委員会(医療介護CBニュース)
都バスにひかれ、歩行者男性死亡(産経新聞)
<国民新党>11兆円超の追加経済対策を要請(毎日新聞)
行列「9時間待ち」!あのドーナツが名古屋進出(産経新聞)

両陛下、田園地帯を散策=静岡(時事通信)

 静養のため静岡県入りした天皇、皇后両陛下は6日午前、伊東市池の田園地帯を散策された。同地区は「池のさと」と呼ばれ、昔ながらの里山の風景を楽しむことができる場所で、地元住民が環境保全に取り組んでいる。
 両陛下は、用水路沿いの農道をゆっくりと歩き、メダカを保護する池などを見て回った。天皇陛下は帰り際、説明した担当者に「自然を大事にしてください」と語ったという。
 両陛下は7日、伊東市から下田市の須崎御用邸入りする。同御用邸での静養は2005年7月以来となる。 

強盗殺人未遂容疑で男を逮捕=景品交換所に発砲-福岡県警(時事通信)
若林氏の議員辞職は当然=民主・山岡、輿石氏(時事通信)
元副署長、4月にも聴取の意向=起訴議決で指定弁護士-明石歩道橋事故(時事通信)
御茶ノ水のカザルスホール、最後のコンサート(読売新聞)
<訃報>細川益男さん85歳=ホソカワミクロン会長、前社長(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。